シーボルト台風

 文政11年8月9日(1828年9月17日)2時00分頃、台風が長崎県西彼杵半島に上陸し、翌日にかけて九州北部から中国地方へ縦断し、各地に被害をもたらした。上陸時の推定中心気圧は900hpa近くに達し、過去300年で最強の台風とする研究もある。

 当時の記録によれば、九州北部の死者だけで約20,000人、負傷者も同数程度の被害が発生したとされる。また、沿岸部では高潮による被害が大きく、有明海の筑後川河口部では最大で5mmを越える潮位となり、死者の多数が溺死によるものとされている。

 この台風が、シーボルト事件発覚のきっかけとされたことから、後年「シーボルト台風」と命名されたが、近年の研究では、台風と事件発覚の因果関係は無いとされた。

参考資料

  • 小西達男「1828年シーボルト台風(子年の大風)と高潮(日本気象学会論文)」

被災体験者の証言を募集しています

「災害カレンダー」では、災害を体験された方の証言を募集しています。
体験や教訓を語り継ぐことで、ひとりでも多くの方が災害から身を守れるように、みなさまのお力をお貸しください。ご投稿いただいた証言は可能な限り順次掲載していきます。

災害カレンダー

89

8月に起きた災害一覧

  1. 1日
  2. 2日
  3. 3日
  4. 5日
  5. 6日
  6. 7日
  7. 8日
  8. 9日
  9. 10日
  10. 11日
  11. 13日
  12. 14日
  13. 15日
  14. 16日
  15. 17日
  16. 18日
  17. 19日
  18. 20日
  19. 21日
  20. 23日
  21. 24日
  22. 25日
  23. 26日
  24. 27日
  25. 28日
  26. 30日
  27. 31日

明治5年12月2日(1872年12月31日)以前の災害は旧暦で記載しています。

1/50

  • 非表示
  • 拡大
  • 縮小
  • 左へ
  • 右へ

続きを読む

提供: